3Dスキャン

技術紹介 3Dスキャンについて


3Dスキャニングでは、レーザー照射を加工物に当てることによってその反射から距離を計算し、形状の測定を行います。

レーザー照射にて多くの点を計測するので、三次元測定器と比べて早い測定を可能とします。

また、3Dデータと測定データを比較する事が出来るので、簡単にデータを比較して寸法違いを探す事が出来ます。

その他、図面の無いワークや部品を3Dスキャニングし、ポリゴン修正する事によって、 各種メーカーのCADに対応したファイル形式での図面化も行えます。

3Dスキャニングを用いた形状測定が可能です。

設備について

設備名称 メーカー・型番
3Dスキャナ FALO
解析ソフト InnovMetric PolyWorks
STLポリゴン
修正ソフト
GeomagicDesignX
  
3Dスキャニングに関する技術上のお問合せ、お見積りはコチラからどうぞ

設計
旋盤
フライス盤
研磨
マシニングセンター
検査
ワイヤー放電加工
3Dスキャン
冶具