短納期対応について

短納期対応について

弊社は治工具、試作品、自動車部品、医療器具等の、複雑な加工技術を必要とした精密部品加工に特化した会社です。

職人の確かな技術と、最新設備を使用した同時五軸加工、小径穴加工といった高度な加工を長年提供し続けて参りました。

また40年以上の経験により、小ロット品や異形物に対し、自社設計による治具対応にて短納期、コスト減等に対応致します。 短納期での加工にお困りの際は、お気軽にご相談下さい。

短納期対応の流れ

短納期対応の流れ① お問合せ
短納期対応の流れ② お見積り
短納期対応の流れ③ 加工
短納期対応の流れ④ 検査
短納期対応の流れ⑤ 納品

短納期対応をご希望の方は、お電話かメールにてお問い合わせ下さい。

内容確認後、対応出来るか否かの判断を行うと共に、対応可能な場合はお見積りを提出させて頂きます。 お見積りにご納得頂いた後、加工作業に入り、検査を行って納品いたします。

幅広い設備と対応力

弊社では3次元CAD/CAM、旋盤、フライス盤、研磨、マシニングセンタ、ワイヤーカット、NC放電等の機械設備に加え、検査機(3次元測定機、形状測定機、表面粗さ測定機、マイクロ各種、ゲージ等)も豊富に取り揃え、品質管理に力を入れております。

そういった面からも、コスト減等を含めてお力になれる事は多いと考えております。

「こういった加工は可能か」
「このような形で対応してくれる会社を探しているのだが」

といった疑問やご要望が御座いましたら、先ずは弊社までお問い合わせ下さい。

  
 
近藤工業の短納期対応について詳細をお知りになりたい方は、お気軽にご連絡下さい。