機器の整備・点検

稼働している設備の点検

どんなに優秀な機器や設備でも日々の運転で少しずつ性能が低下し、部品は消耗していきます。 そして機器や設備は稼働している時間が長ければ長いほど、トラブルを起こす確率は高くなっていきます。

事故を未然に防ぐことは勿論、トラブルの芽を事前に摘み取り、常に良好なコンディションを保つことで機械の寿命を伸ばします。 設備の整備には多くの意義と意味、そして生産性の向上に繋がります。

設備はメンテナンスやオーバーホールの期間を過ぎて直ぐに故障するものではありませんが、 長期運転により故障率が高くなった機械を大きなリスクとともに運転するか、計画的な整備を行い、安定した操業を行うのかでは大きく意味が異なります。

定期的な設備の整備や点検なら近藤工業にお任せ下さい。

人間と同じように機器も定期的に

人間もある年齢に達すると人間ドッグなどによって数値の異常を探し出し、それに沿って日常生活を整備していく必要があります。 それは人間だけでなく、機械にとっても同じことです。

設備が必要な時に、確実に性能を発揮するためには、日常のメンテナンスに加え、定期的な点検と整備が必要不可欠となります。 近藤工業は長年の実績から、機器整備に独自のノウハウを持っています。

異常の兆しがある、或いは過去に異常があった危機に対して適切な提案や設備作業を行うことにより、お客様をサポートします。 機器整備や機械製品の点検は、近藤工業にお任せ下さい。

主軸のベアリング等の整備も

旋盤やマシニングセンタで使用するベアリングの整備も行います。

旋盤やマシニングセンタなどで使用される主軸のベアリングの整備もお任せ下さい。 旋盤の主軸にガタが発生することで、加工精度が低下し、生産性が大きく下降する要因ともなります。

機器の設備で欠かすことが出来ない、ベアリングの整備にも近藤工業にお任せ下さい。 旋盤での作業は製造業で必須です。マシニングセンタやフライス盤、研磨や旋盤などの作業の要となるベアリングの整備と点検なら近藤工業にお任せ下さい。

異音や発熱などのベアリングの異常は、明らかに人間が感じられるレベルになると寿命を迎えている場合が多いです。 ベアリングの異常を放置すると、ベアリングのみならず外周部分の破損にも繋がります。

少しでも異常を感じたら、ベアリングの整備対応は近藤工業にお任せ下さい。

定期的な設備整備の意義

近藤工業では、製造業の現場で使用される機器の整備事業を行っています。 ライン等の大型設備から小型の設備まで、四十年以上の経験を活かして機器の整備を致します。

治工具制作や試作品加工などを長年にわたって行って来た実績から、レーザートラッカーなどの最新機器を用いて設備の異常を見つけ出し、 点検・整備のお手伝いをさせて頂きます。

稼働中の設備の点検や整備にも力を尽くさせて頂きます。

機械製品の整備、機器整備は近藤工業に

弊社は車産業による製造業が発展した街、愛知県刈谷市に拠点を構え、多くの企業様の機械製品の整備や機器の整備に協力させて頂きました。

製造業の要でもある機器の定期的な整備、機械製品の点検は欠かすことが出来ません。 機器の動作不良による営業上の不利益は多く、また整備されていない機器によって生産された部品にはどうしても不良品が多くなり、会社の信用問題ともなります。

愛知県刈谷市の近藤工業は、そんな機器の整備や機械製品の整備に努めて参りました。 自社でやることも勿論重要ですが、専門的な知識を持った業者がやることも機器整備や機械製品の点検には不可欠となります。

機器整備や機械製品の点検でお悩みなら、近藤工業にまずはお問合せ下さい。

  
 
機器の整備、機械製品の点検なら愛知県刈谷市の近藤工業にお問合せ下さい。