製造技術について

近藤工業の成り立ち

近藤工業は、お客様の治具づくりを担うことから始まった会社となります。
治具とは工作物を固定し、工具の制御などを行う道具や装置の総称です。

作業の生産性を向上、あるいは簡略化させるためには治具は欠かすことが出来ません。そしてそれらは市販品ではなく、殆どがお客様のご要望に応じて制作した特注品となります。

より正確な加工、より高度な測定、より効率的な作業。製造業の現場を支えているものの一つが、そういった治具と呼ばれるものとなります。

治具屋だからこその加工

「こんな製品を加工する治具が欲しい」「こういった検査のための治具が必要だ」
お客様のご要望に応えて治具を専門的に作ってきたことで、我々にしかできない加工が生まれました。
通常の金属加工では、いかに専門性を高めるか、あるいは汎用性を高めるかということが企業の命題になります。
しかし、我々は治具を作ってきた会社であるからこそ、どんな難しい加工でも柔軟に対応することを第一に考えて業務を行っております。
どんな複雑形状、高精度加工もお任せ下さい。40年以上の経験と実績から、お客様のご要望にお応えします。

お客様の要望に対応できる知見

弊社は40年以上にわたって金属加工を行なってきましたが、それらの大部分が生産性を向上させるものや精度を追求するものでした。
通常では量産が難しい複雑形状部品も弊社で治具を設計、製造することで量産が可能になった例も多数御座います。

そうした歴史の中、様々な知見や技術を習得して今に至ります。
そして今尚、最新の技術を取り入れながらも職人気質を大切にし、多くの分野のお客様から支持を得て業務を行っております。

リバースエンジニアリングに各種データの取り扱い、機器の不具合原因追求など、弊社で実施出来ることは歴史と共に拡大しています。

だからこそ、お客様のご要望に対応できる知見も日々進歩しています。
お客様に支えられながらも、お客様と共に歩んでいきたい。近藤工業は、常に成長を続けている会社です。

多種多様な加工機

NC旋盤から汎用旋盤、NC立フライス盤や横中フライス盤、汎用縦型フライス盤といった製造業で馴染みの深い加工機から、ワイヤーカットや研削盤、横型・縦型マシニングセンタ、そして同時五軸加工が可能な五軸マシニングセンタなど、近藤工業ではお客様のご要望に応えるために、多種多様な加工機を揃えております。

検査についても専任の検査員を擁するのは勿論のこと、三次元測定機や3Dスキャナーを用意しております。製造業に関連するお困りごとが御座いましたら、お気軽に近藤工業までお問合せ下さい。

設計
旋盤
フライス盤
研磨
マシニングセンター
検査
ワイヤー放電加工
3Dスキャン
冶具